投資信託は初心者に適切なのか

海外バイナリー投資家の体験ブログ

投資信託は初心者に適切なのか

取引をプロに任せる投資信託は初心者に適切なのか

投資信託とは

投資信託は自分が取引するのではなくファンドの業者に預けて代わりに運用してもらうものであり、そのファンド側が取引をして利益を出せばその渡した資金に応じた配当金を利益としてもらうことができます。自分が取引をするのではなく「プロ」である業者側に任せるため投資に関する知識がない人でも簡単に始めることができ、そのために初心者が選ぶとなればこれが最適と感じる方もいるかもしれません。

しかし単刀直入に言ってしまえば投資の初心者が選ぶ投資として投資信託は不適切なものとなります。自分が取引をする必要はないため取引に関する知識が必要なく「プロ」に任せるため取引面では問題のないように見えますが実際には様々な点で「初心者」がやるには不適切といえるものになっています。

以外にも知られていない投資信託のリスク

まず分かりやすい「リスク」としては手数料の存在があり、ファンド側も当然何のリスクもなしにこちらからの資金を預けることはせず預ける際には手数料が発生し、更に保持しておくために一定期間ごとにも手数料がかかり、もし取引をやめた場合にもかかるといたるところで手数料がかかるようになっています。

その手数料がどれくらいかはファンドによって異なりますが大抵は資金の何割と固定ではなく割合で決まっているため預けた資金が多ければ多い程その分取られてしまうのです。初心者であれば少額を預けることにもなるため取られる金額は低いかもしれませんが、この何割かというのは結構大きなものでありその分配当金にも影響が出てきてしまいます。

不適切と疑われる投資信託の信頼性

そして最も投資信託が不適切とされるのがそのファンド側の信頼性であり、確かに取引をするのは「プロ」となっていますが実態としてはそうではないという可能性もあるのです。もしプロでない場合に取引にも不安があり利益が出ないどころか時間の経過により手数料を取られて結果的に資金がなくなってしまうという可能性もあります。

このような実態があるため投資信託をやる場合には信頼のおけるところを選ぶ必要があるのですが、残酷な現実としてその「信頼のおける」ところの割合は少ないものであり、多くの中からその少ないのを情報の真偽を判断して選んでいく必要が出てきます。と、なればその業者に関する情報を見抜く力と投資に関わる知識がある程度必要となるためこの時点で初心者はお断りレベルのものとなっているのです。

もちろん投資信託もいいところを選べば配当金が期待でき、自分では取引できない対象の投資をすることができるという利点がありますが投資の初心者が始めるべき投資でないというのか現実です。

copyright(C)海外バイナリー投資家の体験ブログ